【これは使える】人の一部を尊敬する(一部尊敬)

ビジネス系

経営戦略診断士の尾瀬です。

私は、経営戦略診断士として、情報分析をし、その分析結果に基づいて新たなことを生み出す、ということを得意としております。

このチャンネルでは、私が培った経験や分析結果、それに付随したビジネスに役立つ情報を発信しておりますので、興味を持って下さった方は、また読んでいただければと思います。

また、本日の内容は、

「人の一部を尊敬する」

になります。

この内容は、

【YOUTUBE】

【Post Prime】

において、

「音声投稿」を行っています。

下記に載せておきますので、ご参考にしていただければと思います。

では、話しを戻します。

「一部尊敬」について

いきなり「一部尊敬」と書きましたが、

「これは何?」

と思う方も多いと思います。

この「一部尊敬」という言葉は、私が作った造語です。一般的ではありません。

では、「一部尊敬」とは、どのようなことを言うのでしょうか?

これは簡単に言うと、

「どんな人にも、1つくらいは尊敬できるところがある」

ということです。

どうでしょうか?

例えばですが、みなさんの周りに、

・しゃべってばかりで、手を動かさない

・言い訳ばかりして、頼んだ仕事が終わっていない

などという方がいた経験をお持ちの方がいらっしゃると思います。

こういう方は、一般的には、ちょっと困った方になります。

その困った方に対して

「仕事ができないから嫌い。使えないやつだ」

と考えてしまう人もいると思います。

そういうふうに考えてしまう気持ちは分かります。

はたして本当にそうなのでしょうか?

例えばですが、そういう方の

「仕事以外」のこと

を考えてみてください。

例えばですが、

・お客様とのコミュニケーションは、とてもうまい

・イベントごとがあると、誰よりも元気に動いてくれる

・仕事はできないけど、みんなをまとめる力がある

・周りのみんなを元気にしていく雰囲気がある

どうでしょうか?

こういう感じの方もいらっしゃいませんか?

つまり、

「相手の一部だけを見て、その人のことを仕事ができないとか判断するのは危険」

ということです。

その人は、

「あなたと同じ仕事」の場合は、

能力を発揮することができない

かもしれません。

しかし、あなたは

その人が得意としている仕事」に対して、

同じようなパフォーマンスを発揮すること

ができますか?

つまり、

「どの部分のことを仕事」

と考えるかで、

仕事ができるのか、できないのか異なる

と言うことです。

あなたが持っていない能力、行動ができる人は、

その部分については、相手の方ができる人

なのです。

これが

「一部尊敬」

です。

その人の「一部」でも尊敬することができれば、その人を心底嫌いになりますか?

・あなたにとって人を嫌いになることが、メリットになりますか?

本日の結論

本日は、
「人の一部を尊敬する」

という内容でお話しさせていただきました。

この話しは、結構使えます。

例えばですが、


「仕事はイマイチ。でも、プライベートだと面白い」

という方もいらっしゃると思います。

つまり、

「どんな人でも、(一部は)尊敬できる所がある」

ということです。

世の中には、色々な方がいるから、成り立っています。

もし、あなたに嫌いな人がいる場合は、この「一部尊敬」の話しを思い出してください。

ひょっとしたら、あなたの嫌いな方は「あなたが持っていない尊敬できる部分を持っている」かもしれません。

本日の内容は、万人受けをするものではございませんが、私なりな意見として「そういう考え方もあるんだ」くらいに思っていただければと思います。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

私は、このようなビジネスに役立つ知識をお話ししておりますので、興味を持って下さった方は、別の内容も見ていただければと思います。

本日も、ありがとうございました。

経営戦略診断士の尾瀬でした。

【Twitter】の投稿はこちら

【YOUTUBE】の投稿はこちら


【Post Prime】の投稿はこちら
「 Post Prime」 は、高橋ダン氏が開設した配信投稿サービスになります。

当チャンネルは、高橋ダン氏にチャンネル登録をしていただいております。

【#音声】経営戦略診断士 尾瀬 (@2E9aJ25dzhB4e) | PostPrime | 投稿で副業しよう!
【音声】の投稿になります。 経営戦略診断士の尾瀬です。 「ビジネス」「戦略」などに関わるお話しをさせていただいております。 ...
ビジネス系
スポンサーリンク
【ビジネス系】経営戦略診断士 尾瀬のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました