【終活】【相続】「被相続人」と「相続人」の違いについて

ビジネス系

経営戦略診断士の尾瀬と申します。

私は、経営戦略診断士として、情報分析をし、その分析結果に基づいて新たなことを生み出すことを得意としております。

このチャンネルでは、私が培った経験や分析結果、それに付随したビジネスに役立つ情報を発信しておりますので、興味を持って下さった方は、また読んでいただければと思います。

本日の内容は、

【終活】【相続】

「被相続人」と「相続人」の違いについて

になります。

この内容は、
【YOUTUBE】
【Post Prime】
において「音声投稿」を行っています。

下記に載せておきますので、ご参考にしていただければと思います。

「終活」の必要性について

私は終活に関しまして「200時間以上」を学び、講師として説明ができるレベルになりました。

そのため「ビジネスコンサルタント」に付随して、終活に関するご相談を受けることもできます。

何かございましたら「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

「終活」に関しましては、今後もお話ししていこうと思います。

その主な理由としましては

①相続でトラブル

②財産管理が多様化しており、的確な把握が難しくなってきていること

③ビジネスとして終活をみることができる

などがあります。

どの内容をとっても、とても重要です。

そのため、何度かに分けて様々な内容をお話ししていこうと思います。

「被相続人」と「相続人」の違いについて

では本日は、終活の中でもトラブルが多い「相続」についてお話しをしていきます。

その中でも、初めて相続について調べると、多くの方があやふやになってしまう言葉がありますので、それを説明しておきます。

それはタイトルにもありましたが「被相続人」と「相続人」の違いです。


以下に簡単にまとめましたので、そちらをご覧ください。

被相続人 亡くなった方相続人  亡くなった方の財産を引き継ぐ方

混乱しやすいと思う方は「相続人が、財産を引き継ぐ人」と覚えた方がいいと思います。

相続のトラブル

今回は、相続のトラブルについて、簡単な概要だけをお話しします。

相続の内容に関しましては、別の機会で話しをしていきます。

では、みなさんに質問をします。


2択でいきます。その質問は

相続に関するトラブルは、相続金額が「大きい方」「小さい方」どちらがトラブルが多いと思いますか?」

どうでしたでしょうか?

正解は・・・
相続金額が小さい方が多いでした。

だいたいですが「相続金額が5000万円以下の場合」が、「相続トラブル全体の75%」を占めていると言われます。

つまり、お金持ちほど相続対策をしていますので、トラブルが少ない傾向になります。

本日の結論

本日は、
【終活】【相続】

「被相続人」と「相続人」の違いについて

という内容でお話しさせていただきました。

その結論は、

・被相続人 亡くなった方
・相続人  亡くなった方の財産を引き継ぐ方

混乱しやすいと思う方は「相続人が、財産を引き継ぐ人」と覚えた方がいいと思います。

今後、「相続」に関わる可能性のある方や「ファイナンシャルプランナー」の資格を取ろうとする方は「被相続人」と「相続人」の違いは、理解をしておいてください。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

私は、このようなビジネスに役立つ知識をお話ししておりますので、興味を持って下さった方は、別の内容も見ていただければと思います。

本日も、ありがとうございました。

経営戦略診断士の尾瀬でした。

【Twitter】の投稿はこちら

【YOUTUBE】の投稿はこちら

【Post Prime】の投稿はこちら
「 Post Prime」 は、高橋ダン氏が開設したソーシャルメディアサービスになります。当チャンネルは、高橋ダン氏にチャンネル登録をしていただいております。

音声投稿 経営戦略診断士 尾瀬 (@2E9aJ25dzhB4e) | PostPrime | お金を増やす、新しいSNS
経営戦略診断士の尾瀬です。 【音声投稿】になります。 ...
ビジネス系
スポンサーリンク
【ビジネス系】経営戦略診断士 尾瀬のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました