【今後必要になるスキル】頭の柔軟性について

ビジネス系

経営戦略診断士の尾瀬と申します。

私は、経営戦略診断士として、情報分析をし、その分析結果に基づいて新たなことを生み出すことを得意としております。

このチャンネルでは、私が培った経験や分析結果、それに付随したビジネスに役立つ情報を発信しておりますので、興味を持って下さった方は、また読んでいただければと思います。

本日の内容は、

「頭の柔軟性について」

になります。

この内容は、
【YOUTUBE】
【Post Prime】

において、「音声投稿」を行っています。

下記に載せておきますので、ご参考にしていただければと思います。

では、内容の方にはいります。

頭の柔軟性の必要性

さっそくですが、

「柔軟性」

と聞くと、皆さんはどのようなことをイメージしますか?

例えば、

・身体の柔らかさ
・頭の柔らかさ

とかを考えたりすると思います。

どちらも大事な柔軟性だと思います。

しかし、今回は「頭の柔軟性」の話しをしたいと思います。


この話しは、私独自の考え方になりますので、そういう考え方もあるんだという程度に思っていただければと思います。

では、私が考えている「頭の柔軟性」についてお話しします。

それは、

「自分の考え、過去の経験、発想にこだわりすぎないこと」

です。

私は「自分の考え」や「過去の経験」については、生きていくことにおいて必要だと思います。

それは、とても大切ですし、自信を持つことができると思います。


そのことは、

「人間の感覚(センス)」であり、「経験の積み重ねこそ財産である」

とも考えております。

しかしながら今回は

「自分の考えや過去の経験にこだわりすぎると危険なこともあります」

ということをお話ししたいのです。

例えばです。

あなたが10億円の資金を使い、新しいビジネスに投資するとします。


あなたは、以前にも似たようなビジネスをしており、5億円の資金を使って成功していたとします。

この場合、多くの人は

前回と似たビジネスなので、大きく失敗するリスクは少ないだろう。

また、1回経験をしているので、少しくらいなら失敗しても対処できるだろう

という、思い込みをして実行してしまうのです。

また、過去に成功した自信があるため、しっかり調べないでビジネスをしてしまう可能性があります。

まして、他の人が経験していないような事業でしたら、あなたの判断する部分が、大きな影響を与えます。

つまり、何が言いたいかと申しますと、

「何か行う時は、色々な方からアドバイスをもらうことが必要」

ということです。

今回の例は、「10億円」という大きな金額でお話ししましたが、別に小さな出来事の場合も同じです。

そうは言ってもですが、

「私は社長です。社長なので、私がすべて責任を持つのだから、好きなようにやらせてもらえればいい」

と思う方もいらっしゃると思います。

それは、ある意味正しい部分もあります。

しかし、間違っている部分もあります。

その理由は、

・あなたが社長だからと言って、すべての責任をあなただけで持つことができますか?

・会社は社長だけのものではありません。社員のことも考えて行動したのでしょうか?

・失敗をした場合に備えて、なにか準備をしていましたか?

ということです。

最後には、社長や立場がある方が決断をしなければいけない時がきます。

その時までに

「成功する可能性と失敗をした場合の対処を考えておく必要」

があります。

そのためには、多くの人の意見を聴くことが重要です。


ある有名事業者が言っておりました。

話しの内容としましては、

「仮に入社したての新人でも、論理的でいいアイディアがあれば、それを採用する」

というお話しをしていたと思います。

つまり、相手がどんな人でも、多くの人の意見を聴くことにより、情報量が増えるため、その選択肢が広がるわけです。

そして、多くの意見を出してもらった中から、どれが必要なの情報なのかを判断するのが社長や上司です。

そのため、

「自分だけの考え、経験だけで判断をする」ことは、危険なこともあります」

ので、そのことをご理解いただければと思います。

本日の結論

本日は、

「頭の柔軟性について」

という内容でお話しさせていただきました。

その必要性は、

自分の考え、過去の経験にこだわりすぎると危険なことがあります。

そのため、多くの人の意見を取り入れてから、必要な判断をしていくようにしましょう

ということでした。

最終的な決断は、社長や上司が行います。

それまでに多くの情報を仕入れ「攻め」と「リスク管理」を行う必要があります。


また、このお話しを読んでいただいている方で「いつも1人で判断している」「他に頼れる人がいない」等がありましたら、あなたの「友人」「家族」等でも構わないと思いますので、相談や雑談をしてみてください。

もちろん、期待をし過ぎてはダメですが、「全然関係のない分野の素人目線」というのは、「新しいことを生み出せるアイディア」を持っていることも少なくありません。

「固定観念。こだわりすぎる」は、いい所もありますが、頭を柔らかくして、選択肢を広げてみましょう。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

私は、このようなビジネスに役立つ知識をお話ししておりますので、興味を持って下さった方は、別の内容も見ていただければと思います。

本日も、ありがとうございました。

経営戦略診断士の尾瀬でした。

【YOUTUBE】の投稿はこちら

【Post Prime】の投稿はこちら
「 Post Prime」 は、高橋ダン氏が開設したソーシャルメディアサービスになります。

当チャンネルは、高橋ダン氏にチャンネル登録をしていただいております。

音声投稿 経営戦略診断士 尾瀬 (@2E9aJ25dzhB4e) | PostPrime | 投稿で副業しよう!
【音声】の投稿になります。 経営戦略診断士の尾瀬です。 「ビジネス」「戦略」などに関わるお話しをさせていただいております。 ...
ビジネス系
スポンサーリンク
【ビジネス系】経営戦略診断士 尾瀬のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました